ロゴ2.png
今後ますます増加が予想されている中古物件対策・快適リノベーション市場
年々新築の減少が続き、反対に全国空き家件数は、2018年度には、1026万戸~6377万戸(16.1%)となり、2033年には、2146万戸~7106万戸(30%)へと増加すると予想されております。今後、空き家の再活用・利用も含め、中古住宅をお好みに合わせて快適リノベーションする人が多くなってくるでしょう。
新築着工件数の低下と中古良質リノベーションの増加
2-1.jpg
ますます増える空き家対策・省エネ・健康・衛生対策での差別化提案
問題解決
高機能・多機能
オンリーワン
​(商品差別化)
​ブランド化
特に2020年から始まった新型コロナの影響により、リモートによる自宅勤務が多くなりました。そのことにより、快適な住環境のニーズも大きくなってきています。都市部から離れ、地価の安く・環境の良い場所の中古物件を購入し、省エネ対策・衛生対策・健康対策の行き届いた快適なリノベーションニーズが人気になっています。