ロゴ2.png
輻射遠赤冷暖房の性能比較
遠赤冷暖の効率を決める放射面積の比較
室内を暖めたり冷やしたりする輻射冷暖房の効率は、より熱伝導率の高いアルミニウムを使用し、温水・冷水の温度をどれだけ多くの面積で室内へ放射できるかで決まります。放射パネルに鉄を使っている会社もありますが、アルミは、暖める速度、冷やす速度をはかる熱伝導率が鉄の3倍の性能があるため、一般的に輻射冷暖房の多くはアルミが使用されています。
 
 
 
輻射冷暖房機シアーは、構造的により多くの温水・冷水を熱伝導を良くした薄いアルミニウムのパネルに効率よく配給する仕組みの為他社の製品に比べ2倍から3倍の速さで、部屋を暖めたり、冷やすことができます。輻射遠赤冷暖房の冷暖効率アップには、もう一つ重要なポイントとして、室内の熱の出入りが一番激しい窓ガラスが一番遮熱・断熱対策が必要です。また、内外装の断熱塗料も重要です。
​協議会は窓遠赤断熱コートをセットしたダブル冷暖快適リノベーションと内装遠赤までコラボしたトリプル冷暖快適リノベーションを推進しています。
6-1.jpg